ジャンル説明

認証保育所とは、東京都の独自の制度によって作られた保育所のこと。
国の基準による認可保育所を増設することが都心では困難であるために、東京都が独自の基準を定め、認証保育所としています。
即ち、保育施設が都の基準をクリアしていれば、認証保育所と呼ばれます。
国の定めた基準よりはいくらか緩和された保育基準が設定されており、この基準を満たす施設に、東京都と区市町村が補助を行なっています。

認証保育所では、都会で働く子育て世代のニーズを実現するために、多くの民間企業の参入を促すことで業者間の競争を図り、多様化する保育のニーズに応えられるようにと制度化が進んでいます。
認証保育所は、A型(0〜5歳児が対象。規模は20〜120人)とB型(0〜2歳児が対象。規模は6〜29人)に区別されます。

A型は、屋外遊技場(または庭園など)を設置、もしくは近場にそれに類する場所(公園など)があることが必須条件です。
A型の経営がたいていは民間企業であるのに対し、B型の経営は、個人またはNPO法人であることが多いとされています。
一方で、認証保育所では保育士の多くが非常勤、または一年契約の常勤といった体制をとるところも少なからずあり、保育士の専門性を高めていくには、今後も待遇の改善など、制度の拡充を進める必要があるようです。

認証保育所の魅力は、おおまかに以下のような点にあるといえます。

  • 0歳児から預けることが可能
  • 利用者と保育所が直接、施設利用の契約をする…認可保育所は区市町村にて一括管理されており、一定の条件によって利用の優先度などが厳正に決められる
  • 料金の上限が決まっている…原則として収入に関係なく、月220時間以下の利用では、3歳未満児は80,000円、3歳以上児は77,000円を超えない料金とされている
  • 保育時間が長い…13時間以上の開所時間が義務付けられれいる(認可園での基本は11時間)

料金には、基本の保育料の他に、一食目の給食代やおやつ代、光熱費や年会費といったものも含まれます。 これらの条件を満たす範囲内での施設運営となるため、保育料などは事業者の裁量となっています。 また親の側にも利便の高いサービスがあり、毎日の支度、おむつの処理などは施設側が対応するところもあるようです。

利用内容によって料金、仕組みもさまざまなので、分からない点は施設に直接問い合わせる、あるいは事前の施設見学などで雰囲気を把握することが大切です。施設の運営方針や保育方針、料金システムなどの契約内容は書面でよく確認することを心がけましょう。