ジャンル説明

認可外保育所とは児童福祉法上の保育所に該当せず(要件を満たさず)運営されている施設のこと。
ただし、児童福祉法第59条の2による届出が必要とされています。
これらの中でも、児童福祉法第24条「その他の保護」を行なう施設に該当する場合には、公的な施設として扱われます。
いわゆる「ベビーホテル」や、駅前などにある一時預かり施設、企業が従業員のために設けている保育所、病院内の保育所などが、認可外保育所に該当します。よって、認可外であっても全く条件がないわけではありません。

2001年10月より、認可外保育施設指導監督基準の適用が開始され、一時預かりの施設なども含め、定員6名以上の施設については国の指針に基づく届出が義務づけられました。
これにより、立ち入り検査などを含む行政機関の検査や指導強化などが図られ、保育施設における環境改善の取り組みは強化されています。
現在では、認可外保育施設が3歳未満児の保育、延長保育、または24時間保育といったサービスの主な受け皿となっています。
「認可外」という名称に不安を抱く方もいるかもしれませんが、それはあくまで国の基準を満たしていないという意味であり、それぞれの自治体が定めた基準・規則などを満たしていれば、自治体の助成を受けることができ、適正な運営も十分に期待できます。

認可外保育所のメリットは、主にに以下のような点にあります。

  • 預ける理由を特に問われない(親の就労の有無など)
  • 比較的少人数なので、それぞれの保育所に特徴があり、アットホームな雰囲気をもつ施設も多い
  • 時間の融通が利く。延長保育や、夜間保育など、時間別の対応が充実している
  • 毎朝の準備や、帰りの準備など、施設側で対応してくれるところもある
  • 施設によっては、薬や軟膏といった医薬品を預かってもらうことができる

認可外保育の特徴は、国の基準、行政の政策に縛られず施設を運営し、保育を実践できるという点にあります。
たとえば英会話の先生としてネイティブの講師が在籍している保育所があったり、それぞれの施設の方針によって、規制に縛られない自由度の高い運営が可能です。こうしたきめの細かなニーズに応えてくれる点が認可外保育所のメリットです。

保護者の側にとっては、やはり時間の融通が利くというのが最大のメリット。
土日の預かりや、急な残業が多いシフト勤務の方など、認可外保育所の柔軟な対応が心強いようです。
ただし、利用を検討している保育所がどのような運営方針、特徴を有するのか、事前の問い合わせや見学は怠らないようにしましょう。