ジャンル説明

いわゆる託児所と保育所との違いは、おおまかに言うと以下の点にあります。
保育所は役所に届け出ることによって役所の監査が入る「親にかわって子どもを養育する」場所です。
よって子どもの成長を見守るといった姿勢で、広く養育サービスを提供します。
一方、託児所は、特に行政への届け出の必要はなく、単に「子どもを預かる」場所です。
人の多く集まるホテル、デパート、または映画館などの商業施設にも多く併設されるようになり、最近では美容室や歯医者などでも託児サービスが増えてきました。

子育て中とはいえ、たまには休息の時間も欲しいものですね。かといって、映画館や美容院など子ども連れで行くのがなかなか難しい施設もあります。
保育所にわざわざ時間単位で子どもを預けるのも、サービスや定員に不安があったり、金銭的な負担も心配なところ。
そんな悩みを解決してくれるのが商用の施設託児所です。
子どもを預けることによって親の行動がスムーズになり、自由度は一気に広がります。
利便性の高いサービスですから賢く利用しましょう。

駅前周辺
駅前など、人が多く集まる場所には、時間単位で子供を預かってくれる託児所が多数あります。預ける手続きには、健康保険証や母子手帳の提示、印鑑などが求められることが多いようです。また、紙おむつや着替えなどの用意も必要な場合がありますので、よく確認してから利用してください。
デパート・ショッピングモール
大型のモールなどでは、保育士や認定ベビーシッターさんを置いている併設の託児所があるところも増えてきました。各デパート、モールによって運営の方法もさまざまで、事前の予約が必要なところもありますので、ショッピングの前にホームページなどで確認してみてください。
美容院
美容院は、女性にとっては外せない外出先の一つ。このひと時ばかりは、なんとか自分の時間を作りたいものですね。最近の美容院は、キッズスペースを備えたり、子どもとも気兼ねなく過ごせる個室を備えるところも多くあります。DVDなどの持ち込みが可能なところも多く、例えば子どもにはお気に入りのアニメなどを見せながら、ママもたまには気分転換してくつろいでみてはいかがでしょうか。
映画館
都心の一部の映画館には、「子ども連れ専用」で鑑賞することができるところもあるようです。ベビーカーの持ち込みも可能で、キッズシートも用意されています。周りがみんな子ども連れなので、気兼ねなく鑑賞できるという点が嬉しいですね。