ジャンル説明

認定こども園とは、小学校就学まえの子ども対する保育、教育を行い、また保護者に対して、子育て支援などを行なう総合的な施設で、親の仕事の有無にかかわらず利用できます。
法律上は、保育および教育、地域における子育て支援を実施している保育施設を、都道府県知事が条例に基づき「認定こども園」に認定し、財政措置や利用手続きなど特例措置が講じられています。
認定こども園への申し込みは、施設に直接申し込むことになります。

認定子ども園には、以下のような4つのタイプに分類されます。

  • ①幼保連携型…幼稚園・保育所と連携し一体的な運営を行なう施設
  • ②幼稚園型…認可幼稚園として、保育所的な機能を備えている施設
  • ③保育所型…認可保育所として、幼稚園的な機能を備えている施設
  • ④地方裁量型…認可施設のない地域における、認定こども園としての機能を備えている施設

認定こども園では、4歳児になると、担任による4時間ほどの教育を受けられる幼稚園的な機能(幼児教育)や、保育時間の選択(おおむね4時間〜8時間程度)が行なえる保育所的機能を備えています。
この他、認定こども園では、子育ての相談、親子での登園といった、地域の子育て支援なども行なわれています。

認定こども園のメリットとしては、主に以下のような点が挙げられます。

  • 保護者の就労の有無にかかわらず、0歳〜小学校就学前のすべての子どもが利用可能
  • 幼稚園と保育所が併設されており(または往来が可能、近隣にある)、それぞれの長所を利用できる
  • 「認定こども園」であれば、保育所においても学校教育法に基づく教育を受けられる(幼稚園的な機能を有している)
  • 「認定こども園」であれば、幼稚園において長時間保育を受けられる(保育所的な機能)
  • 実際に通園する子どもがいない家庭でも育児相談などといった子育て支援を受ける事ができる

簡単に言うと、認定こども園は保育所と幼稚園の長所を組み合わせたような機能を備えています。
たとえば、保育園児として入園しても、4歳児からは幼稚園教育が受けられるといった特徴が魅力です。
また、比較的規模が小さいというメリットを活かし、施設によっては対応がアットホームであったり、きめの細かな幼児教育を実践しているところもあるようです。

「幼稚園籍」か「保育園籍」のどちらを選択するかは、保護者の希望によります。
どちらの籍がよいかは、「保育に欠ける」要件(家庭の事情)や、保育料(おおむね、自治体が定めている公立の保育所料金に準じる)などを考慮して選択することができます。