子育てしながら仕事は無理?両立するために抑えたいポイントとは?

本記事には広告を含む場合があります。

記事内でご紹介する商品をご購入いただいた売り上げの一部が当サイトに還元されることがあります。

なお、レビュー商品につきましては、実際に編集部で使用したうえでレビューしております。

多くのお母さんが仕事と育児の両立に悩んでいます。仕事と育児を両立するためには、パートナーや家族の協力が必須です!

しかし、協力が得られず、育児と仕事の両立に悩んでしまい、夫婦仲が悪くなってしまうこともしばしば…。

また、育児に疲れ果てて集中力が欠けたり、急な子供の発熱や病気で仕事に行けなくなることもあります。

子育て中のお母さん、お父さん、毎日ほんとうにお疲れ様です!

子育てと両立しやすい仕事を選ぶことで解決できる問題もあります。柔軟な勤務時間やリモートワークの制度がある職場は、子育てと仕事を両立する手助けとなってくれます!

当記事では、子育てしながら働くお母さんたちが抱える困難と解決するポイントをお伝えします。

子育てしながら仕事をするのは困難?

子育てしながら仕事をすることは、多くの人が抱える課題です。

分刻みのタイムスケジュールや育児と仕事との優先順位、ワンオペ育児、職場の理解が得られないといった様々な理由から、子育てと仕事の両立が難しいのが現状です。

筆者も分刻みのタイムスケジュールと家事育児との両立に毎日悩みます。

タイムスケジュールが分刻み

子育てと仕事を両立させるためには、タイムマネジメントスキルが重要です。

子どもの教育環境や制度が整っていないことから、仕事と子育てのスケジュール調整が難しくなります。 朝の支度、保育園や学校への送り迎え、夕食や入浴など、日々のタスクをすべてこなすためには細かな時間管理が求められます。

また、家事や育児を手伝ってくれるパートナーがいても、スケジュールが合わずすれ違う日々が続きます。中には家事育児に関心がないパートナーもいます。

育児を優先できない環境

子育てと仕事の優先順位は、子育て中のママやパパにとっての大きな課題のひとつです。

仕事をするにはそれなりの責任力を必要とします。時には、仕事を優先しなければならない時もあるでしょう。

しかし、子どもの成長や健康も同じように守っていかなければなりません。時には、仕事を優先しなければならず、子どもとの時間を削ることがあるかもしれません。

一方で子どもを優先させることで、仕事への集中力や結果に影響が出ることもあります。

ワンオペ育児

ワンオペ育児とは、「ワンオペレーション+育児」の略語です。一人きりで育児に関連するあらゆる課題を解決することを指します。

パートナーが仕事や出張で忙しい場合、あるいはシングルマザー・シングルファーザーの場合は、子育てと仕事を一人でこなさなければなりません。

ワンオペ育児では、育児と仕事の時間との兼ね合いがますます難しくなります。子どもの状態や予定は予測不可能であり、突発的なトラブルが起こったりすることもあります。

急なけがや発病、学校や保育園との調整など柔軟に対応する工夫が必要です。

職場の理解が得られない

子育てしながら仕事をする場合、職場の理解や協力が欠かせません。

しかし、現実には職場が敷いている環境が、子育てに対する理解を正しく示していないことも少なくありません。

仕事と家庭の両立をすることに理解を示してくれない上司や同僚がいる場合、負担が増えたり、仕事への集中力が低下したりすることがあります。

また、育児休暇や時短勤務の制度が整っていない場合、仕事と家庭を両立させることが非常に難しくなります。

子育てしながら仕事をするメリット

子育てしながら仕事をするメリットは、いくつかあります。家庭の経済を安定させることができるだけではなく、自己成長の機会やキャリア構築の可能性も広がります。

以下では、それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

家庭の経済を安定させられる

子育てしながら仕事をすることで、家庭の経済を安定させることができます。経済的に余裕があることは家族の幸福感にもつながり、子供たちの教育費にも備えられます。

収入の増加

妻の仕事によって家計の収入が増えるため、生活費や教育費などを十分に賄えるようになります。

また、将来のための貯金や旅行などの贅沢も可能になります。

経済的な安心感の獲得

夫婦共働きの場合、一人の収入に頼ることなく家計を維持することができ、将来的な不安を軽減できます。

また、もし一方の収入が途切れた場合でも、もう一方の収入で生活を支えることができます。

社会保障

仕事をしていることで社会保険に加入できるため、健康保険や年金などの福利厚生制度を利用することができます。

これにより、将来のリスクや老後への備えを得ることができます。

自己成長の機会とキャリア構築

仕事をすれば、自己成長の機会とキャリア構築の可能性を広げてくれます。また、仕事をすることで自己肯定感や社会的なつながりを得ることができます。

スキルの習得

仕事を通じてさまざまなスキルを習得することができます。

プレゼンテーション技術やコミュニケーション能力、マネジメントスキルなどは、仕事において重要な要素ですが、子育てにも役立つことが多いです。

キャリアの積み重ね

子育て期間中に仕事を続けることで、キャリアを構築することが可能です。

仕事を継続し経歴や実績を積めば、将来的なキャリアアップのチャンスを広げることができます。

社会的なつながり

仕事をしていれば、仲間や同僚との交流が必ずあります。仕事上での人間関係や情報交換は、自己成長に大きな影響を与えることがあります。

また、子育てと仕事のバランスを上手くとるためのアドバイスやサポートも得ることができます

子育てしながら仕事を成功させる方法

子育てと仕事の両立は多くの方にとって難しい課題ですが、上手に両立させるための方法をご紹介します。

家事代行やベビーシッターなどサポートを活用する

子育てしながら仕事を成功させるためには、家事や子育てのサポートを活用することが重要です。

家事代行サービスやベビーシッターの利用を検討してみましょう。家事や子育てに費やす時間を減らすことで、仕事に集中する時間を確保することができます。

また、家族や友人に頼むことも一つの方法です。日常的に子供のお世話や家事を手伝ってもらえるようなサポート体制を作ることで、仕事に専念することができます。

徹底的な時短家電の導入

子育てしながら仕事をするためには、時間を効率的に使うことが大切です。そのためには、徹底的な時短家電の導入が必要です。

例えば、食事の準備時間を短縮するために、炊飯器や電子レンジ、調理器具などの使い方を工夫しましょう。また、洗濯や掃除には効率的な家電製品を導入することで、時間を節約できます。

さらに、子供が遊ぶ際には、安全で遊びやすい環境を整えることが重要です。おもちゃの整理整頓や、片付けの習慣を身につけさせるようにしましょう。

ワークライフバランスの調整

子育てしながら仕事を成功させるためには、ワークライフバランスを調整することが欠かせません。

自分の時間を確保するために、時間の使い方を見直してみましょう。仕事時間と子供との時間をしっかり区別し、両方に集中できるようにしましょう。

また、定期的にリフレッシュする時間を作ることも大切です。子供が寝ている時間や休日を利用して、趣味やリラックスできる時間を確保しましょう。

ワークライフバランスを調整するためには、計画的なスケジュール管理も重要です。スマートフォンのカレンダーアプリなどを活用し、仕事の予定や子供の予定をしっかり管理しましょう。

筆者は時短家電を多く活用し、夫婦間でのスケジュール管理にTimeTreeを導入しています!

子育てしながら仕事をするには支援制度を活用しよう

子育てしながらの仕事を支援するためには、様々な制度やサービスが存在します。以下では、主な制度とサービスを紹介します。

出産や育児休業制度

子育てしながら仕事を続けるためには、出産や育児休業制度の活用が重要です。労働者が出産や子の看護をするために一時的に仕事を休むことができる制度です。

出産や育児休業制度には以下のような特徴があります。

  • 妊娠中の産前休業と、出産後の産後休業がある
  • 産前休業は、妊娠から出産前の期間で、出産予定日の6週間前から取得できる
  • 産後休業は、出産後8週間から1年間まで取得できる
  • 育児休業は、出産後1歳までまたは就学前まで取得できる
  • シングルマザーや父親にも育児休業の取得が可能

このような出産や育児休業制度は、子育てしながら仕事をするための基本的なサポートとして必要不可欠です。

子の成長期に仕事を離れることなく、安心して育児に専念できる環境を整えることが重要です。

リモートワークやフレックス制度を取り入れる

子育てしながらの仕事を支援するもう一つの重要な制度は、リモートワークやフレックス制度を取り入れることです。

場所や時間に制約されずに仕事ができる働き方の一つであり、子どもの世話や家事と両立させやすい方法です。

リモートワークやフレックス制度の特徴は以下の通りです。

  • 場所に制約されずに自由に仕事ができる
  • 時間帯に制約されずに柔軟な働き方が可能
  • 定期的なオフィスへの出勤を必要としない場合がある
  • 子どもの急な体調不良やイベントに柔軟に対応できる
  • コミュニケーションツールやテクノロジーを活用することで、チームとの連携もスムーズに行える

リモートワークやフレックス制度は、子育てしながらの仕事をより柔軟に行えるための有効な手段です。自分のペースで仕事を進めながら、子どもとの時間を大切にすることができます。

しかしながら、勤めている会社に制度があることが前提です。制度がなければ、リモートで働ける企業に転職するのもおすすめです!

子育てしながら仕事を続けるためのポイント

子育てをしながら仕事を続けるためには、いくつかのポイントに注意する必要があります。

重要なポイントは以下のとおりです。

とにかく自分へのご褒美を怠らないで!

子育てと仕事の両立は大変なものです。自分自身に対するご褒美を忘れずに取り入れることで、心の豊かさを保ちながら頑張ることができます。

ご褒美の方法としては以下があります。

  • 食事やお風呂などの基本的な生活の中での自己満足感を高める
  • 趣味や好きなアクティビティに時間を使う
  • 自分へのご褒美のための予算を作り、定期的に自分へのご褒美を実行する

自分らしい働き方の見つけ方

子育てをしながら仕事を続けるためには、自分らしい働き方を見つけることも重要です。

  • 自分の得意なことや興味のある分野を活かせる仕事を探す
  • フリーランスや副業、在宅ワークなど、柔軟な働き方を選ぶ
  • ワークライフバランスを重視して働く企業や組織を選ぶ

転職も視野に入れてみて

子育てと仕事の両立が難しい場合は、転職を考えてみることも一つの選択肢です。

転職することで、子育てと仕事を両立しやすい環境を見つけることができます。以下のポイントに注意しながら、転職を視野に入れてみてください。

  • 自分のスキルや経験を活かせる仕事を探す
  • 子育てに理解のある企業や組織を選ぶ
  • ワークライフバランスを重視した働き方ができる環境を探す

まとめ|子育てしながら仕事をするのは大変!

子育てしながら仕事をすることは無理ではありません。しかし、継続して両立させるためには、いくつかのポイントを抑える必要があります。

まず、柔軟なスケジュール管理やサポートを確立することも必要です。パートナーや家族、友人などからの理解と協力を得ることで、子育てと仕事の両方を頑張ることができます。

仕事と子育てを両立するためには、自分自身へのケアも大切です。休息や時間の確保、ストレス発散のための趣味や運動など、自分の健康と幸福を考えることがなにより大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA